レコーディングダイエットを体験して口コミをします

レコーディングダイエットを体験して口コミをします

レコーディングダイエットとは摂取した食事を記録するだけで痩せる、という驚きのダイエット方法です。テレビや雑誌等で少し前に多く取り上げられたので知っている人も負いと思います。私はこのレコーディングダイエットを約半年間、続けているので体験を元に口コミをします。

 

レコーディングダイエットのポイントとしては、食べたものを飴1つ、コーヒー1杯でも必ずすべてきちんと記録する、ということです。少ししか食べていないから、と記録を取らないのはダメです。そのうちごまかして記録よりもたくさんカロリーを取ってしまうことになります。すべてをきちんと記録することで毎日の摂取量が自分で把握できるようになり、食べ過ぎを抑制することが出来るのです。

コツは毎日同じ時間につける

また、この書き方にはコツがあります。最初は食べたものの名前だけでも良いのですが、可能であれば食べた量やカロリーと、その日の朝と夜の体重を記録しましょう。

 

朝は起きてトイレに行ったあと、夜はお風呂に入る前と毎日図る時の条件をそろえましょう。バラバラの時間帯に図ってしまうと、体重の増減が正しく管理が出来ず、記録の意味が半減です。私は携帯のメモ帳につけていますが、レコーディングダイエット用のアプリもありますし、ノート等にざっと書くのでもOKです。
レコーディングダイエットを体験して口コミをします

 

アプリは無料で取れて、カロリーがわからない場合は参考のカロリーも入っていたりするので、とにかく便利ですし、カロリー計算もしてくれます。ただしこれがプレッシャーになる人は私のように、ただたんにメモ帳に記録をする方が良いかもしれません。

 

とにかく記録することが大事

とにかく記録をすることで、自分で「おやつ食べ過ぎたな」「炭水化物ばっかり食べている」などと気づくことが出来ます。私も実際記録をつけてみると、たんぱく質が少なく、炭水化物が多いということに気づき、ダイエット以前に栄養の偏りにすぐ気づくことが出来ました。

 

なんとなく頭で「最近野菜不足かもしれない」等と思うことはありますが、毎日詳細まで記録することでちゃんと改善までつなげられるので、体重減と一緒に健康な体にもつなげていけます。このダイエットの良いところは、すべてにおいて自分で気づけるという「おしつけがましさのなさ」だと思います。

 

普通のダイエット方法では「夜7時以降食べるの禁止」「糖質の高いフルーツは朝だけ」「肉より野菜をたくさん摂取」などいろいろな決まりがあると思いますが、人によって働く時間帯が違ったり、いろいろと環境が違うので自分に合った方法を自分で考える、というのが一番のダイエットの近道だと感じます。

 

しかし、続けていくうちに、必ずなかなか痩せない時期がやってきます。そのような時には、食べ過ぎてしまった食事にラインを引きます。それをしていくと、ラインのある次の食事は自然と減らそう、という気持ちになり、痩せなくてもそれ以上体重が増えることはなくなります。とにかく、このレコーディングダイエットは何より忘れずにコツコツ続けて習慣化させる、ということが一番大切です。自分自身をプロデュースする、という気持ちで素敵な自分を作りだしましょう。

 

私もレコーディングダイエットで痩せました

私は2016年の3月から9月までの半年間で、約2kg痩せました。158cmで、49kgから47kgです。大幅なダイエットではありませんが、このレコーディングダイエット以外は特に何も行っていません。2kg痩せるためには、カロリーに換算すると約10000カロリー程度の削減が必要なので、それを考えるととても効果的だと思います。

 

また、もともと標準よりやや痩せ体型である為痩せにくいことを考えると、しんどい思いをせずに痩せられるのはとっても嬉しいです。がっつり痩せる、というよりはあまり太らなくなる、というイメージの方が近いです。

 

忙しい時期や飲み会が続いたりして体重が増えると、記録するのがいやになってしまうことも多いですが、しっかり自分自身受け止められるようになると、飲み会の前の日や次の日は自ら控えておこう、と思えるようになりますし、自分自身をうまくコントロールできるようになります。
レコーディングダイエットを体験して口コミをします

 

レコーディングダイエットはずっと続けたくなる

わたしは運動や筋トレ等が苦手なので何も行っていませんが、一緒に運動も組み合わせて行えばもっと体重は減ると思います。ダイエットしよう、と決心したらジムやヨガも一緒に契約して、合わせて始めるのが1番良いと思います。また、さらに効果的な方法としては、同じくダイエット中の友達とお互いの1日の食事、体重を連絡しあうことです。

 

自分の目だけでなく他人の目に触れることで、友達も「食べ過ぎじゃない?」と言ってくれたり自分もゲーム感覚で楽しめるので、とてもおすすめです。今後もこの記録はずっと続けていき、改善を図っていこうと思っています。

 

ダイエットにはもちろん、あまり食べられていない時は風邪をひかないようにちゃんと食べておこう、と思えるキッカケにもなるので、1人暮らしの人の健康を守るためにもとても効果があるかもしれません。