レコーディングダイエットの口コミ体験ブログ

口コミで面白そうだったレコーディングダイエットを体験してみました

レコーディングダイエットとは、評論家の岡田斗司夫が10年ほど前に提唱したダイエットのメソッドです。毎日の食生活をこと細かく記録し、その傾向を見直して食べたものとカロリー数、さらにその摂取した時間などをつかみ、自分の日常の食事(おやつや酒も含む)で必要なもの、余剰なものを把握して食生活を改善させ、結果として減量、ボディメイクにつなげていく、というものです。

 

たびたび口コミのブログや体験記なども見てきましたが、流行していた当時はそれほど気になるものではありませんでした。自分もそのころはそこそこ満足のいく体型を維持しており、ある程度の量を食べても体重が増加することも特になかったからです。

 

しかし、この数年で仕事が忙しくなって外食が増え、さらに運動不足に基礎代謝の低下などが重なってか、ずっしりと体が重くなってきて危機感を覚えたのです。そこで、いろいろと調べてみたら、懐かしいこのレコーディングダイエットという言葉がたびたび目に留まったのです。

 

レコーディングダイエットを体験してみました

これは、レコーディングダイエットを試してみろ、という啓示かな?と思うようになり、さっそく専用のノートを作ったのです。どこにでも持ち歩いていけるように、ちょっとおしゃれなノート、しかもそこそこのお値段のものならば途中で投げ出さずに済むかなと思って、お気に入りの文房具メーカーのものを注文しました。

 

それが届いたその日から、付け始めたところ、数日分のデータを見て愕然としました。「え?自分はこんなにも食べてる?飲んでる?」と信じられない思いでした。
レコーディングダイエットの口コミ体験ブログ

 

それまで適当に換算していたカロリーをいろいろと調べて厳密に計算し始めたところ、自分で概算で出していたものよりも300キロカロリーも近く違う場合もあり、その時点でかなり反省をした次第です。

 

そのうちにどんどん面白くなってきて、買ってきて食べるお弁当などもすべて写真を撮り、住まいと職場などの生活圏内にあるお店のメニューや自分で好んで食べていたもののデータを集めるようになったのです。若いころには同じだけ食べてもたいして太ることもなかったのに、年齢を重ねるのは面倒なことだなぁ、と悩みもしましたが、そこで止まっているわけにもいきません。

 

前に進み、なんとしても健康でスリムな体を取り戻したい、と強烈に願うようになったのです。一週間ほどで、職場でのおやつや寝る前にちょっと一杯、と手を出していたビールをやめました。ことに夕食後の飲食がぱたりと減りました。特に飲酒してから、ノートを取り出して記録することが面倒になったからです。そういった自制が効くようになったこと自体が自分でも驚きでした。

 

口がさみしければガムを噛んだり、ビールの代わりには無糖の炭酸水を飲むようになりました。その差額は一本あたり近所の酒屋のまとめ買いで130円程度ですが、日々の積み重ねで馬鹿にはできない節約となりました。ひと月経った頃には贅沢なランチ分程度が浮いたことになります。

 

体重にも変化あり

そして、その分だけ体重にも変化がありました。具体的に言うと、もともと49キログラムだった体重がこの数年で4キロ増加、運動らしいことをしても一向に減らず、53キログラムぎりぎりで踏みとどまっていたのが、レコーディングダイエット開始からひと月で2キログラムの減少、さらにその後二カ月で50キログラムを切るところまで落ちました。

 

スカートやパンツのサイズがするりとダウンし、また顔の雰囲気も変化したようで、周囲の人に「痩せた?」と言われるようになりました。それは、とても嬉しいもので、さらに同様の生活は続きました。

 

しかし元の体重に落ち着いたころには、それよりも一キログラム減くらいを目標にして記録を続け、また、体が軽くなったことからもウォーキングなどへの意欲も出てきて、通勤や買い物を兼ねて歩くようになりました。その際に、歩きやすい靴を買った予算はこのダイエットで浮いた分から捻出したものです。

 

「食べる」という行為はまさに金銭の消費活動だったのだと実感しました。

 

レコーディングダイエットは人生にも通じる深い体験でした。

そして、それまでの数年間、忙しさを言い訳にして如何に怠け、自分を甘やかしていたかを思い知ったのです。あと少しでダイエット開始から1年になりますが、もともとの49キログラムを切るくらいの数字で保っています。これからも基礎代謝は低下の一途をたどるはずなので、それを維持向上させるために運動を増やし、また、これからは食べるものの量よりも質にこだわって選んでいこう、と思っています。

 

それは、このダイエットを通していろいろな情報に触れ、食べるものから肌や髪、筋肉を若く保つのはもちろんのこと、風邪をひかないなどの基本的な自己管理を行っていくことの大切さを学んだからです。口コミ情報もバカにできないものですね。自分も漠然と自身を眺めていたのでは、ここまで反省したり自分を見つめ直したりはしませんでした。

 

そういったことが改めて解ったのが面白く、また人生にも通じる深い体験でした。そして現在進行形なのです。ですから、これを読んでくださった方、一人でもこういった楽しみや喜びをお分かりいただきたい、と思って書き残したのでした。

 

 

【こっちもおすすめ】
飲むだけで体の中からきれいになれる「コンブチャ」って知ってましたか?